【ミシン】中古ミシンを修理する/準備編

今回修理するミシンは、シンガーのSERENADEというモデルです。

中古で35€でした。

 

70年代の電子ミシンです。

自動糸調子機能がついています。縫い目は14種類から選べます。

数か所プラスチックが黄ばんでいるのを抜きにすれば、見た目の状態は、まあ、いいのかなぁ…。

f:id:HAGIRE:20211006213455j:plain

家に帰って、さっそく、試し縫いをしてみます。

ガタガタガタ。

針棒が上下に作動しています。布を滑らせ、直線縫い。

なんと、きれいに縫えました。

たったの35€で新品同様(機能面で)のミシンが手に入ったよろこびをかみしめながら、

ふと、生地裏をみたら

 

こんなことになっていました。

f:id:HAGIRE:20211101020106j:plain

なんで?

なんでかがまったくわかりません。調べてみると、どうも上糸の糸調子と関係があるということがわかりました。糸調子機能が上糸をちゃんと引っ張ってくれていないらしいです。

 

糸調子機能が「上糸を引っ張ってる部分」ということはわかったのですが、それが部品としてどのように機能しているのかが、プラスチックでおおわれているので、見えません。

 

ということで、プラスチックを外してみよう、と思ったのですが、これが外からだと、外すことができませんでした。

 

じゃあ、中からだったらはずせるのかな…?

f:id:HAGIRE:20211017190835p:plain

AUTOと表示された部分(黄ばんでいるところ)に糸調子の部品が埋め込まれている この黄ばんだプラスチックが外側からだと外れない

糸調子機能に中からアクセスするには、AUTOの左隣り(SINGER SERENADEのロゴがついてる部分)を開ければ、他はいじらずに、糸調子機能まで辿り着くことができそうです。

 

ということで、さっそく、AUTOの左隣りを、開けてみることにする。

 

その前に、一通り、道具を用意した。

f:id:HAGIRE:20211101020329j:plain

ヘッドライトは、必須でした。ミシンの中は洞窟のように暗い。

ドライバー:マイナスドライバー(幅4mm)、プラスドライバー(4mm×4mm)

L字型のねじまわし3本:1mm、2mm、3mm

六角形ネジを外すための銀の筒型アイテム:7mm、8mm、9mm

 

これで、分解の準備が整いました。