MENU

【フランス映画】ダメなひとたちがたまらない、フランス映画特集

映画館の入り口に大きく掲げられた看板

おしゃれなフランス映画

昔は、おしゃれな映画が好きだった。

ヌーベルバーグ。

ゴダールのミューズたちが、知的にアンニュイだったりすると、もうたまらない。

美しすぎる。代表的なヌーベルバーグの女優達は、完璧に商業的に、アンニュイだ。

 

この、商業的にアンニュイな映画が、今も昔もフランス映画として君臨している。

 

フランス映画はおしゃれではない

 

などというのは、

 

ハリウッドはつまらない

 

ということと同じくらい、ナンセンス

 

なのだろう。

 

フランス映画の中の優雅にアンニュイにダメなひと

そうゆうミューズたちを映画の中で夢中で追いかけながら、セ・ラ・ヴィの世界に没入するのも、悪くないけど、

彼、彼女らは、やはり、美しすぎる。

どんなにダメでも優雅に、アンニュイにダメだから、

もう、どこを切り取ったって、絵なのだ。

 

フランス映画の中の、おちこぼれ

そうゆう、絵画の連続のような映画は名作として、ちゃんとライブラリーに入れておく。

まだまだ人生半ば。先に美しいものたちを見ておいてよかった。

いとおおしいダメな男

ということで、最近みた2本のダメ男映画が、たまらなくよかった…


www.youtube.com

いわゆる、ダメなひとは、キャラクターがしっかり、ちゃんと板についていて、愛らしがあるのだ。


www.youtube.com

 

フランス映画の中のずばぬけておもしろい男たち

こちらは伝説的にダメな男たち

 

大御所①


www.youtube.com

 

大御所②


www.youtube.com

 

大御所③


www.youtube.com

 

どうして、男ばかりなのだろう。

ダメな女たちも、いてもいいはずである。

ダメな男というのはやっぱり、ダメな女よりも、おもしろいのか。

ダメな女というのは、おもしろいに終着しないのか。

ふしだらになってしまうのか。

とかいろいろ考えていると、

なぜだか、どうしても、イザベル・ユペールの顔が浮かんできてしまうのは、なぜ?

 

フランス映画の中のダメな女

Miou-Miou 

これはやはり、外せない…


www.youtube.com

 

フランス映画の中のこわいこわい女

ダメな女はあまり出てこないのに、こわい女が山のように出てくる。

ダメな女は、もうダメなど、いっていられなくなるくらいこわい

そうだ、イザベル・ユペールは、こわい女だ!

 

イザベル・ユペールがこわい!

 


www.youtube.com

 

フランス映画の中のこわいこわい女たち

いろんな意味でこわい女たち

サスペンスよりも、多分、こわい。

フランス映画の中のドラマチックにこわい女たちというのは、どんどんせまってくる。

これはやっぱり、なにか、どす黒い感じで、たまらなく、女ってこわいね、など、いってられなくなります。

 

Kristin Scott Thomas

www.youtube.com

 

Juliette Binoche


www.youtube.com

Charlotte Gainsbourg


www.youtube.com